ビタミンCやビタミンEは日焼け後に良い

うっかり日焼けをしてしまうことがありますが、そのような時は日焼けをした後に体の中からケアをして日焼けのダメージを最大限に食い止めることが大切です。

 

その時にポイントになるのは、いかに皮膚に活性酸素を作り出さないかというてんです。

 

活性酸素は皮膚の細胞を傷つけます。

 

コラーゲンやエラスチンそしてそのような保湿成分を生み出す線維芽細胞という細胞を直接攻撃することもあり、これが原因でシワやシミそしてたるみなどが起こります。

 

そのような活性酸素を減らすことができる食べ物はあるでしょうか。

 

抗酸化作用がある食べ物

抗酸化作用がある食べ物は活性酸素を減らすのに役立ちます。

 

よくいわれているのはビタミンCビタミンEなど抗酸化作用のあるビタミン
そしてLシステインやビタミンBなども活性酸素を減らすのに役立ちます。

 

美肌のビタミン「ビタミンC」

日焼けビタミンC

 

ビタミンCは美肌のビタミンともいわれていて、美肌に良いことが分かっています。

 

それはビタミンCに強い抗酸化力があるから。
日焼けをしてしまった時にビタミンCをたくさん食べると日焼けのダメージを抑えることができます。

 

ビタミンCは活性酸素を減らしてくれます
活性酸素はいくつかの種類があるのですが、ビタミンCは特にヒドロキシラジカルという種類の活性酸素に作用します。

 

そしてテロメアという細胞が増殖する時に必要な遺伝子情報を、切断しないようにしてくれるので細胞が長生きするようになります。

 

 

ビタミンCをたくさん取るためには

ビタミンCがたくさん含まれている食べ物としては、じゃがいもなどのいもやみかんやレモンのような果物、そして野菜などにたくさん含まれています。

 

ただしビタミンCを摂取する時の注意点があり、ビタミンCは壊れやすい物質です。

 

食べ物を加熱したり、水にさらしたり、茹でたりするとビタミンCはたちまち流れたり壊れたりしてしまいますので、なかなか生の時に入っていたビタミンCの量を取ることができません。

 

 

抗酸化ビタミン「ビタミンE」

日焼けビタミンC

ビタミンEはアンチエイジングなどにも有名で、抗酸化力があることが分かっています。

 

ビタミンEは皮膚の細胞にどのような影響を与えるか、というと細胞膜を活性酸素から守ってくれる働きをします

 

ビタミンEをしっかりとっていると、皮膚に活性酸素が生まれた時に細胞膜の代わりにビタミンEが酸化されます。

 

そうすることで活性酸素は普通の酸素になり、皮膚が酸化されるのを防ぐことができます。

 

ビタミンE多く摂取するには

ビタミンEがたっぷり含まれている食べ物としては、大豆の油やピーナッツそしてゴマのような油脂類、そしてナッツのような種子に多く含まれています。

 

それ以外に胚芽の部分胚芽米や胚芽押麦などに多く含まれています。

 

ビタミンEはいくつか種類がありますが、その中でもアルファトコフェロールという種類のものが抗酸化作用が強く、細胞の活性酸素を減らすのに役立ってくれます。

 

ビタミンEをとるときの注意点としては、酸化してしまった食品を取らないというところがあります。

 

あぶらやナッツなどは酸化しやすく、酸化してしまったものを食べると逆に活性酸素を増やしてしまうことになりますので、新鮮なオイルや新鮮なナッツなどを食べる工夫が必要です。

 

食品からとるのは難しい時は

ビタミンCやビタミンEが日焼けに良いといっても、なかなか食品からとるのが大変毎日の食生活に取り入れられないという方も少なくないと思います。

 

そういった場合はドラッグストアなどで売っているビタミンCやビタミンEのサプリメントからとる方法もあります。

 

そうするとビタミンEなどのようにナッツやオイルなどを取りすぎて肥満をするなどデメリットを防ぐことができます。

 

酸化していない良質なビタミンEをとることができます。

 

抗酸化作用があるポリフェノール

日焼けビタミンC

ビタミンCやビタミンEなどの他にも抗酸化作用があって、日焼けの後のケアに効果的な食品はあります。

 

ポリフェノールやカロテノイドなどがその良い例です。

 

例を挙げると甲殻類に多く含まれているアスタキサンチン、トマトの色素成分であるリコピン、ワインなどにたくさん含まれているアントシアニンなど、それ以外にはルテインやカロテンなど沢山あります。

 

 

参考情報:飲む日焼け止め

日焼けビタミンC

 

日焼け対策に抗酸化作用のある物質をとるという時は、飲む日焼け止めという選択肢もあります。

 

飲む日焼け止めは、紫外線対策をするために色々な成分を研究し、抗酸化力が優れて紫外線ダメージをサポートしてくれる成分が配合されています。

 

例えばニュートロックスサンやフェーンブロックは、飲む日焼け止めのよく利用されている成分で、天然の植物から抗酸化力のあるポリフェノールが抽出されて作られています。

 

飲む日焼け止めの良い所は、実際に紫外線を当てた実験などが行われているというところ
実際の研究結果で紫外線ダメージのサポート効果があることが分かっています。