紫外線対策が必要な理由とは

なぜ日焼け対策する?紫外線対策が必要な理由とは

初夏から夏にかけて紫外線対策女性が増えていきます。

 

日焼け止めクリームが薬局に出回るのもこの時期から。
日傘などを販売する店も増えていきます。

 

このページではなぜ紫外線対策が必要なのか、という点について考えてみたいと思います。

 

黒くなるだけではない

日焼け対策は一般的には日焼けをして真っ黒になることを防ぐ、肌が赤くなったりする日光過敏症でそれを避けるため、などの目的だと思います。

 

しかし紫外線は肌を黒くする以外にも、体に対してもっと色々な影響があります。

 

皮膚がんを引き起こすリスクが高まる

紫外線が悪い理由

一番怖いのが皮膚がんを引き起こすリスクが高まる、という点ではないでしょうか。

 

紫外線は人間の皮膚細胞のDNAに傷をつけてしまいます。

 

人間の体にはDNAが損傷してしまった時に、それを回復するための機能が備わっています。
ですので、紫外線にちょっと当たったくらいでは回復することができます。

 

しかし非常にたくさんの紫外線を浴びすぎると、回復する機能が追いつかなくて間違った遺伝情報がコピーされてしまいます。

 

そうすると細胞が異常増殖する皮膚がんといった重い影響をもたらします。

 

 

白内障の原因にもなる

紫外線が目に入りすぎると白内障の原因にもなります。

 

白内障は水晶体が濁る
最悪の場合は失明してしまう、視力が落ちる病気ですが、紫外線も白内障の原因のひとつになっています。

 

紫外線は水晶体に当たりすぎると、水晶体のタンパク質を変性させてしまうからです。

 

皮膚の免疫機能が低下する

皮膚細胞にはランゲルハンス細胞というものがあり、ランゲルハンス細胞が免疫機能を担って外側からウイルスなどの危険物が入ってくるのを抑制しています。

 

しかし紫外線はこの免疫機能を弱めてしまいます。

 

洗濯物やまな板そして、布団などを日光で消毒するということ一般家庭で行われています。

 

紫外線には細菌の働きを抑制したり雑菌を殺してくれる作用があるのです。

 

しかしこれが人間の皮膚細胞にあたってしまうと、免疫機能を抑えるというデメリットをもたらしてしまいます。

 

太陽光を良く浴びると体が強くなるといわれてきましたが、意外な結果ですね。

 

重大トラブルは美容にも

紫外線が悪い理由
太陽光線は肌のメラノサイトを刺激しメラニンを放出させて、肌を黒っぽくしてしまいます。

 

これが一般にいわれている日焼けの結果、しかし日焼け以外にも美容的にデメリットであるシワやシミたるみなどの原因ともなることが分かっています。

 

それは太陽光線には皮膚の大切な成分であるコラーゲンなどの構造を壊してしまう働きがあるため。
実は肌の老化の80%は、このような紫外線の影響で起こる光老化だということが分かっています。

 

ですが、それだけ紫外線対策をしておけば、皮膚の病気や美容トラブルが防げるということも意味しています。

 

太陽光線は生き物に悪影響

紫外線が悪い理由

屋外でランニングやウォーキング、スポーツをするなど太陽光をたっぷり浴びると気持ちが良いものです。

 

そして身体に良いというイメージが強いですが、実は紫外線にはビタミンDの生成を促す以外に良い影響はほとんどありません

 

実は人間に限らず植物や動物、生き物には紫外線は悪影響が大きいです。

 

学生時代に生物などの時間で習った人も多いと思いますが、オゾン層など大気がない太古の昔は、生き物が地上で暮らすことができませんでした。

 

それは紫外線が直に大量に降り注いで過酷な環境だったからです。

 

地球に酸素や大気などが作られるようになってから紫外線がある程度遮られるようになり、動物や植物は地表でも生きていくことができるようになりました。

 

オゾン層の破壊が深刻

最近30年は特にフロンガスなどの影響でオゾン層が壊れて、大気が薄くなり紫外線が以前より強くなっています。

 

そこで紫外線の害皮膚がんや美容トラブルなどの影響が強まっていくことが懸念されます。

 

紫外線の害は子供や若いうちには現れず高齢になってから徐々に出てきます。

 

ですので、浴びてもなんてことないからといって紫外線対策を後回しにせず、赤ちゃんの頃、子供の頃から紫外線をカットしていくことが大切ですね。