飲む日焼け止め 紫外線 シミ 予防

飲む日焼け止めでシミは予防できる?!

飲む日焼け止めで紫外線が原因のシミは予防できるのか?

飲む日焼け止めはシミを予防するのに一番最適なサプリメントです。

 

毎日コツコツと飲み続けていれば、将来シミなどがたくさん出来るのを防ぐことができます。

 

日焼け止めサプリの仕組み

なぜ飲む日焼け止めは紫外線のシミ対策に良いのでしょうか。

 

飲む日焼け止めで紫外線が原因のシミは予防できるのか?

 

まずシミができるのは紫外線が肌にあたってメラニン色素が作られたり活性酸素が生まれるためです。

 

紫外線は肌に悪いですから、その作用を弱めるためにメラニンが傘のような役割をしてくれます。
活性酸素紫外線のダメージを緩和してくれます。

 

それで紫外線対策しておかないと活性酸素やメラニンがたくさん作られシミができてしまいます。

 

飲む日焼け止めは紫外線カットはしないのになぜシミを防げるのでしょうか。

 

それは紫外線が当たった後の肌のダメージを減らしてくれるから。飲む日焼け止めの成分はいくつか種類がありますが、抗酸化作用がある物質が含まれています。

 

抗酸化力がある物質は体の中に取り込まれることで皮膚の活性酸素やメラニンをサポートする効果があります。

 

それで焼けてしまった後に飲む日焼け止めをでケアをしても、シミなどを予防することができるのです。

 

 

昔浴びた紫外線でシミができるか心配な方

 

小学校中学校時代は紫外線対策を全くしていなくてこの時期の紫外線はシミの原因になるでしょうか。真っ黒になっているのが普通でクラスで一番真っ黒なくらいでした。20歳までそのような状態で就職活動した時に初めて化粧したぐらいで、最近30代を過ぎたらそのままではシミがたくさんできておばさんみたいになってしまうよといわれました。今から日焼け止めを塗っても遅いでしょうか。


 

 

小学生中学生の頃部活などをしていて日焼けを真っ黒にしていました。これがシミの原因になることはあるでしょうか。最近は美白ケアをしていますが、姉から今からシミ対策をした方がいいといわれて焦っています。今からでもケアできるでしょうか。


 

 

最近シミができてきました。これ以上数が増えてほしくないのですが、今から紫外線対策をしたら増えないようにできるのでしょうか。出来てしまったシミは消せないのでしょうか。


 

放置すると必ずシミになる


シミのできやすさは肌質も関係して行きますので、昔日差しをたくさん浴びていても少ししかシミが出来ない人と、たくさんできてしまう人が分かれてしまいますが、放置しておくとシミができるのは確実です。

 

実際に70代、80代以降で顔や手がしわしわになっていない方やシミが一つもないという方はほとんど見かけません。

 

飲む日焼け止め以外の対策も

飲むタイプもシミシワ予防にいいですが、やはりベストなのは紫外線を浴びないことでしょう。

 

日焼け止めクリームをムラができないようにしっかりるって長袖を羽織るなどして焼けないようにするのが一番確実です。