紫外線はガラスがあっても・・

紫外線はガラスを透過して家の中まで入ってくると聞きますが、本当なのでしょうか。

 

紫外線室内

紫外線は2種類ありますが、紫外線Aという種類の紫外線は家の中にいても入ってきます。

 

紫外線Aはガラスを簡単にすり抜けて室内に入ってきます

 

紫外線Aの悪影響
  • 皮膚がんの原因
  • 肌がたるむ
  • シミやシワなど光老化

 

紫外線を浴びて起こる悪影響は美容だけでなく、健康的な害も含まれます。

 

紫外線を長く浴び続けているとだんだんと蓄積していき、将来シミやシワが沢山出来ますし、場合によっては皮膚がんの原因になることもあります。

 

紫外線Bの影響は

紫外線Bは日焼けの原因になる紫外線です。

 

紫外線Bを浴びると肌がヒリヒリとして黒っぽくなる日焼けを起こします。
紫外線Bは波長が短く5ミリ以上の厚さのガラスであれば通過することができません。

 

ですので、家の中にいる場合紫外線Bは浴びることがありません

 

部屋の中の紫外線をカットする方法

紫外線室内

室内にも入り込んでくる紫外線をどう対策したらいいでしょうか。

 

最近建てられている新しい住宅は紫外線カット機能が付いているガラスを使っていることが多く、特に対策をしなくても紫外線は入ってくることがありません。

 

問題は古くに建てられた住宅です。
かなり昔に建てられた住宅やガラスが薄い住宅では紫外線対策が必要になります。

 

方法としては紫外線をカットするフィルムを貼ることが一般的です。

 

自動車内での紫外線も注意

ガラスの紫外線対策といえば自動車のガラスにも対策が必要です。

 

車を運転して通勤、ドライブをする場合、毎日の日焼けがだんだんと蓄積してしまう可能性があります。

 

紫外線カットができないガラスの車であれば、紫外線カットフィルムを貼ったり塗って紫外線をカットするタイプのグッズを使うという方法もあります。