飲む日焼け止めは外出する時だけ?それとも毎日飲むのか

飲む日焼け止め外出

 

飲む日焼け止めは紫外線にあたる時だけ飲めばいいのでしょうか。
それとも前毎日飲んでおく方が良いのでしょうか。

 

それは成分によって変わってきます。

 

成分によって異なる

飲む日焼け止めは薬ではないので、どのくらい飲むか、いつ飲むかということを表示することはできません。

 

しかし種類によって特性が違うので、種類に合わせて飲み方を変えた方がいいでしょう。

 

フェーンブロックの場合

飲む日焼け止めの飲み方

フェーンブロックは、ヘリオケアに代表されるシダ科の植物で作られている飲む日焼け止めです。

 

この成分は即効性があって、また効果が続く時間が短くて4時間程度ということが分かっており、強い紫外線に当たる30分前飲むのが推奨されています。

 

そして4時間以上を紫外線にあたる場合は追加でもう一粒みます。

 

ニュートロックスサンの場合

飲む日焼け止めの飲み方

 

ニュートロックスサンは国産の飲む日焼け止めによく使われているポリフェノール成分で、紫外線サポート効果が24時間持続することが分かっています。

 

それ以外に一回だけ飲むよりは、続けて飲んでいた方が効果が高く、少しずつ効果が高くなっていくということがわかっています。

 

そのため1日1回飲み続けるのが基本です。

 

 

 

ニュートロックスサン効果的に飲むためには

 

飲む日焼け止めの飲み方
国産の飲む日焼け止めに多いニュートロックスサンを効果的に飲むためには、予め時間を決めておいて毎日継続するのがおすすめです。

 

ニュートロックスサンの研究では250mgのニュートロックスサンを54日間摂取した場合34%、85日間継続した場合56.1%保護力が上がりました。

 

そのためヘリオケアのように日に当たる時だけ飲むよりは、毎日続けた方が効果が高まります。

 

そして配合されている量にも注意したいものです。

 

飲み忘れに注意

薬ではないので飲み方が指示できないのですが、サプリメントであってもやはり飲み忘れはしない方がいいです。

 

それではどのように工夫すれば、飲み忘れを防止できるでしょうか。

 

人によってそれぞれかもしれませんが、私は朝、他のUVケアとまとめて行うと良いと思います。

 

朝は化粧をしたり、日焼け止めクリームを塗ったりするので、その時のタイミングで合わせて飲む日焼け止めを飲めば忘れ難いですし、やはり夜飲むより日に当たる量が多い朝や昼に飲んだ方がいいと思うからです。

 

 

日焼け止めクリームとセットで使う

飲む日焼け止めの飲み方

 

飲む日焼け止めは日焼け止めクリームとはタイプが違うので、単体で使っていくには心細いです。

 

その為日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったりするなど、従来型のUV対策も行っていく必要があると思います。

 

しかし内側からのカバー力がアップしているので、日焼け止めクリームが弱いものでも良くなったり、うっかり塗り忘れた時のダメージが少ないなどUV対策に気を使うことが少なくなると思います。

 

それ以外に髪の毛の日焼け対策であったり、目の日焼け対策など従来型の方法では難しいところのケアも出来ると思います。