紫外線対策はいつ必要

飲む日焼け止め

一般的に紫外線対策を行うのは春から夏にかけてです。

 

5月頃から紫外線対策グッズが店頭に並ぶようになり、日焼け止めクリームを塗るようになったり、日傘を差したりするようになると思います。

 

皆さんはいつから東に対策を始めるでしょうか。

 

本当は何時から何時まで紫外線対策が必要なのでしょうか。
その点について考えてみたいと思います。

 

種類によってピークが異なる

紫外線対策は夏の晴れの日だけ?

 

紫外線の種類でピークが違う紫外線は1種類ではありません。

 

実は2種類の紫外線があります。
それは紫外線Aと紫外線Bです。

 

紫外線Bの量

紫外線対策は夏の晴れの日だけ?

 

紫外線Aの量

紫外線対策は夏の晴れの日だけ?

 

一方を紫外線Aは美容トラブルを引き起こす、皮膚のしわやたるみ、そしてシミなどの原因になる紫外線です。

 

  • 紫外線Aが一番多いのは5月と6月頃そして
  • 紫外線Bが一番多いのは7月から8月頃です。

 

そして季節による量の差もあります。

 

紫外線Bは夏の方が多く、それは冬の3倍から5倍といわれています。

 

一方紫外線Aはあまり季節による差がなく、一年中降り注いでいるといえます。

 

また緯度によっても差があり、沖縄のように緯度が低い所では、北海道などの緯度が高いところに比べ2倍の紫外線量の差があります。

 

日焼けを避けるのならば

単純に日焼けをしたくない、赤くなったり黒くなったりするのが嫌だ、ということであれば紫外線対策は紫外線Bが急上昇する、5月から9月にかけて重点的に行えば良いでしょう

 

晴れの日以外もする必要があるのかについてですが、紫外線Bは曇りの時には50%から80%雨天の場合も30%程度地表に到達するとされています。

 

ですので、夏の間であれば雨が降っていても曇っていても、紫外線対策が必要になります。

 

シミやシワなど美容トラブルを避けたいならば

しみやしわそしてたるみなどの、いわゆる光老化を防ぐために紫外線対策をするのであれば、夏だけではなく秋や冬も紫外線対策が必要になります

 

紫外線Aはどんな天候でもほとんど影響がなく降り注いでいます。

 

さらにガラスを簡単に通過して家の中にまで入り込んでいます。
ですので、外出しない日であっても紫外線対策フィルムなどで紫外線を遮る必要があります。

 

このように秋や冬に紫外線対策が必要なのかはその人の目的によります
日焼けをしたくないだけであれば夏だけ行えばいいですし、美容的な影響が心配な方は冬でもするべきです。

 

冬の紫外線対策と光老化については、こちらのページに解説してありますので、参照してください。
参考:冬の紫外線対策としわシミの関係