ヘリオケアの成分や効果!日本のサプリとの違いは?

飲む日焼け止めとしてはあまりに有名なヘリオケア
飲む日焼け止めをリサーチしている方では、聞いたことがないという人は少ないと思います。

 

このページではヘリオケアは、どんな成分でどんな効果があるのか、国産の日焼け止めと違う点はあるのかについてもう一度見ていきたいと思います。

 

ヘリオケアの効果

まず主な成分はフェーンブロックです。

 

フェーンブロックはシダ科の植物から取り出しているPLエキスで紫外線への効果としては4つの効果が知られています。

 

しかしメインの効果はやはりフェーンブロックが持つ抗酸化作用です。
これが活性酸素のコントロールしてくれるため、日焼け対策をサポートしてくれます。

 

ヘリオケアの4大効果

抗酸化作用
ヘリオケアのメインといえる作用で、優れた抗酸化力で活性酸素をコントロールしてくれます。

 

紫外線が皮膚に与えるダメージは活性酸素をたくさん作ってしまうこと
そうすることでDNAが傷ついたり、しみやしわが作られたりしますが、それをブロックしてくれます。

 

免疫機能をサポート
紫外線は殺菌作用などもあり、それは消毒などの優れた役割もしてくれますが、人間の皮膚の免疫力を下げてしまいます。

 

フェーンブロックはその機能を元に戻してくれるとされています。

 

DNAサポート機能
紫外線は皮膚の細胞のDNAを傷つけてしまったり、細胞の回復を遅らせたりします。

 

それから守ってくれる作用があるとされています。

 

皮膚の構造保護機能
シミやシワそしてたるみなど、光老化の原因となる紫外線の影響は紫外線が皮膚のコラーゲンを分解してしまったり、線維芽細胞の働きそのものを抑制することが原因です。

 

それをサポートする機能があるとされています。

 

ヘリオケアの主な成分

  • フェーンブロック
  • ルテイン
  • リコピン
  • ビタミンD
  • ビタミンC、ビタミンE

 

フェーンブロック、リコピン、ルテイン、ビタミンC・E・D
ヘリオケアの中心ともいえる成分はフェーンブロックです。

 

それ以外に天然のサングラスと呼ばれているルテインや、抗酸化作用が知られているリコピンなどポリフェノール成分が配合されています。

 

そして抗酸化ビタミンであるビタミンCとビタミンEそして骨のカルシウム沈着を促進するビタミンDも添加されています。

 

注意書き
ヘリオケアは4種類があってビタミンDが入っていないものもあります。

 

 

 

 

ヘリオケアのデメリットや副作用

ヘリオケアは最近話題になっているサプリサプリメントですが、実際にはアメリカで25年前から実際に使われていて、喘息やアレルギーなどの治療に使用されてきました。

 

その間に重大な副作用などは報告されていません。

 

ですので、飲む日焼け止めとして摂取する場合も大きな危険性などはなく摂取できると思います。

 

ただし摂取する時に注意が必要な人はいます。

 

公式ページによれば四歳未満の子どもや、母乳を与えている方妊娠している方はヘリオケアの摂取は控えた方が良いとされています。

 

国産サプリとヘリオケアの違いとは

ヘリオケアの特徴は即効性があるという点があると思います。

 

飲む日焼け止めサプリでよく使われているニュートロックスサンは、24時間持続タイプであることが知られていますが、ヘリオケアは4時間ごとに追加して飲んでいく即効性があって持続時間が短いという特徴があります。

 

そのため将来の美容対策として飲む以外に、海や海外旅行に行く時にピンポイントで日焼け対策をしたい時にも利用できると思います。

 

30カ国以上で使われている

ヘリオケア日本では主流ではありませんが、海外では30カ国以上でヘリオケアが飲まれています。

 

各国の美容皮膚科学会などで臨床結果が提出されており、日焼け対策に有効なことが分かっています。

 

簡単にいえば世界の美容の専門家や皮膚科医などがヘリオケアを支持しているということ
海外製のアプリだと飲むのに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、ヘリオケアに関しては信頼性が高く安心して摂取できそうですね。