海 日焼け シミ アフターケア

海で紫外線を浴びた後のアフターケア

海で日焼けをしたシミを作らないためのアフターケア方法!

海は紫外線が強いところです。
砂や水面が太陽光線をはね返し、それが下からも日焼けとして当たってしまうからです。

 

どんなに対策をしていても海で日焼けをしてしまう場合があります。

 

シミを作らないためにはどんなアフターケアをしたらいいのでしょうか。

 

冷やす

まずは冷やすまず一番に必要なのは冷やすことです。

 

アフターケアが必要なぐらい日焼けをしているということは、火傷している状態ですので、まずは冷やします。

 

熱さまシートなどを使うと水ぶくれができた後に剥がすのが大変になるので、濡れタオルを使ったり氷水を袋に入れて当てたりして冷やします。

 

背中などを焼けてしまった場合はシャワーを浴びるのもいいでしょう。

 

保湿をする

海で日焼けをしたシミを作らないためのアフターケア方法!

次に大切なのは保湿です。
紫外線が当たった後は肌が炎症を起こしていますので、なるべく回復が早くなるために保湿をしないといけません。

 

保湿効果のあるボディクリームや保湿ローションなどを塗って肌のバリア機能を回復させます。

 

抗酸化物質を食べる

海で日焼けをしたシミを作らないためのアフターケア方法!

海で日焼けをした後のアフターケアとしては抗酸化作用のある食べ物を食べるという方法もあります。

 

ビタミンCやビタミンEは抗酸化力が強いので焼けてしまった肌のダメージ回復に効果的です。

 

たくさんの量をとらないといけないので、食べ物で取るよりサプリで対応に摂取することをお勧めします。

 

飲む日焼け止めサプリ

海で日焼けをしたシミを作らないためのアフターケア方法!

最近では日焼け止めサプリという日焼けのアフターケアに効果的な抗酸化物質が入っている専用サプリメントもありますので、集中的にそのようなサプリを取って紫外線の肌ダメージをケアしていくこともいいかもしれません。

 

海で日焼けをしてしまった方の感想

 

海に行ったのですが、ラッシュガードを着用するのを忘れてひどい日焼けになりました。背中が真っ赤になって赤くヒリヒリとしています。冷たいタオルで冷やしましたが、シミができるのが心配です。


 

 

海で思いっきり背中を焼いてしまいました。ひりひりしています。アフターケアにはコパトーンアフターサンオイルが良いと聞きぬっています。他にアフターケアでした方が良い事はあるでしょうか。


 

 

数日前海に行って日焼けをしましたが、ちゃんと日焼け止めはしていましたし、アフターケアもしていました。ですが、肌が急に茶色くなってきて熱を持っています。どうしたら白くできるんでしょうか。後でシミがたくさんできてくることはないのでしょうか。


 

焼かないのが一番

アフターケアは抗酸化物質を食べたり保湿をしたり冷やすなどシミを作らないための方法がありますが、やはり焼かないのが一番です。

 

焼ければ焼けるほど肌の細胞のDNAが損傷してしまいシミやシワができる確率が上がります。

 

ですので、日焼け止めなどでこれ以上焼けないようにすることも大切です。