焼けたくない 白い肌 保つ

焼けたくない、白い肌を黒くしたくない、白肌を保つには?

焼けたくない、白い肌を黒くしたくない、白肌を保つには?

この記事はすでに真っ黒く焼けてしまったかたには残念な記事になります。

 

肌を白く保ちたいという方にとって一番大切なのは日焼けをしないことです。

 

日焼けをしてしまったら肌を白くするのはとても難しいです。
それは美白化粧品であっても黒くなってしまった肌を白くすることはできません。

 

唯一方法としてはハイドロキノンを使った方法があります。
ハイドロキノンを使って黒くなった肌を白くする方法はこちら

 

肌を白く保ちたい人の感想

 

白い肌を保つ化粧品を教えて欲しいです。20代後半の女性数年前までは化粧品をこだわって肌の手入れをしっかりしていたのですが、最近仕事が忙しくなり生活も不規則に肌の手入れも手を抜きがち睡眠もあまり取れていません。白い肌を保つために美白化粧品を使いたいのですが、どんな化粧品がいいのでしょうか。しみやそばかすに効くものが知りたいです。


 

 

昨年の日焼けが取れません。もうすぐ冬が終わりに近づいていますが、まだ色が白くなっておらず周りの友達はみんな白くなっているのに自分だけ黒くて恥ずかしいです。どうしたら日焼けの色がとれるのでしょうか。


 

 

色白になりたいですのですが、太ももなどを見ると元々の色は割と白い方です。
しかし顔や手などは焼けていて黒いです。二の腕を白くしたいのですが、元の色にどうやったら戻せるでしょうか。顔も白くしたいです。


 

やはり日焼けを防ぐことが一番大切です。

 

日焼けを防ぐには

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘をさす
  • 長袖を羽織る

 

その1.日焼け止めをつける

焼けたくない、白い肌を黒くしたくない、白肌を保つには?

なんといっても一番の対策は日焼け止めでしょう。

 

日焼け止めは紫外線を跳ね返すか吸収して熱エネルギーに変換してしまうかで肌に紫外線が当たるのを徹底的に防いでくれますので、日焼け止めは塗るべきです。

 

注意点はどんな季節でも塗るということ、適切な強さの日焼け止めを選ぶこと。夏でも冬でも紫外線は降っています。

 

特にシミやシワが怖い方にとって避けなければいけないのは紫外線Aです。

 

紫外線Aは夏と冬ではあまり差がないのです。

 

それでどんな季節でも日焼け止めクリームが必要。そしてSPFの数字が高い方が効果がありますが、一年中あるのには肌の負担が高すぎてしまうので夏は強いもの、冬は弱いものと使い分けた方がいいでしょう。

 

その2.日傘をさす

2番目は日傘をさすことです。

 

日傘は日焼け止めクリームが取れてしまった時、頭皮などクリームが塗れないところを対策するのにも重要です。

 

日傘を選ぶときの注意点は色が濃いものを選ぶこと。白い傘は紫外線も可視光線も通しやすいので、なるべく黒か紺色などの濃い色の日傘を選ぶことが必要です。

 

ただし、この方法は男性だとちょっとやりづらいかもしれません。

 

その3.長袖を羽織る

三重に対策をするならば長袖を羽織ります。

 

3月や4月は紫外線の量が9月や10月並に多いのですが、なぜ日焼けをしないのでしょうか。

 

それは長袖を着ているからです。
ですので、夏場も暑いですが、長袖を着ればかなり紫外線をカットすることができます。これなら男性でもやりやすいですね。

 

飲む日焼け止めでケアする

焼けたくない、白い肌を黒くしたくない、白肌を保つには?

 

白肌を保ってシミやシワを予防したい方は、飲む日焼け止めも検討する余地があると思います。

 

飲む日焼け止めは紫外線が原因といわれている肌の光老化を防ぐ抗酸化作用の高い物質がたくさん入っています。

 

焼けたくない、白い肌を黒くしたくない、白肌を保つには?

 

それで肌の老化であるシミやシワをブロックすることができます。
そしてメラニンの生成をコントロールしてくれるので白肌を保つためにも有効な手立てです。

 

すでに黒くなってしまった肌の色を戻すには

医薬品を使います。

 

焼けたくない、白い肌を黒くしたくない、白肌を保つには?

 

医薬品にはハイドロキノンという美白する為の塗り薬、そして飲み薬があります。

 

ハイドロキノンは濃度が低いものであれば一般でも購入することができます。
ただこれはピンポイントでシミを消すような使いかたをするもので、日焼け全体を白くするのは難しいです。白抜けの危険性もありますし。

 

飲み薬に関しては第三種医薬品になっているものはドラックストアやネットで購入することができます。
焼けたくない、白い肌を黒くしたくない、白肌を保つには?

 

ですのですでに黒くなってしまった肌を戻したい時は医薬品に頼るしかないでしょう。