日焼け アフターケア

活性酸素はなぜ肌に悪いのか

なぜ日焼けで活性酸素が生まれるのか?なぜ肌に悪いのか

 

日焼けのダメージといえば活性酸素とメラニンです。

 

なぜ活性酸素が生まれると肌に良くないのでしょうか。
なぜ日焼けで活性酸素が生まれるのでしょうか。

 

活性酸素とは

活性酸素はもともと人間に必要な物質で、人が生きていると呼吸(細胞レベルの)をすることで必ず発生するものです。

 

ですので、必ずしも悪いというわけではないですが、日焼けをして大量の活性酸素が生まれると肌にダメージを起こします。

 

 

  • シミの元になる
  • 酸化の元になる

 

シミのもとになる

まず懸念されるのはシミの元になるということです。

 

活性酸素がたくさん生まれると肌の細胞は傷つき、細胞を死滅させたりDNAが壊れてしまったりします。

 

そのような影響がメラニンを生み出すメラノサイトという細胞に及ぶとメラノサイトの活動が狂ってしまいます。

 

本来であればメラノサイトは紫外線が当たった時にメラニンを作り出すのですが、紫外線が当たっていてもいなくてもいつでも関係なく大量のメラニンを作り続けそれが一カ所に溜まることでシミができます。

 

肌を老化させる

もうひとつのデメリットが肌を老化させるということです。

 

活性酸素が生まれるとコラーゲンの鎖を断ち切ってしまったり、真皮の繊維にダメージが加わります。

 

そうすることで弾力のある肌が失われて、シワやたるみが起こってしまいます。

 

活性酸素は日焼けで生まれる

なぜ日焼けで活性酸素が生まれるのか?なぜ肌に悪いのか

人間が呼吸をすると細胞内で活性酸素が生まれますが、紫外線が当たることでも活性酸素が作られます

 

活性酸素には殺菌作用があり、紫外線を異物とみなして活性酸素で対抗しようとします。それなので紫外線を浴びると活性酸素がたくさん生まれてしまいます。

 

本来は紫外線に対する防御反応なんですね。

 

活性酸素を増やさないためには

なぜ日焼けで活性酸素が生まれるのか?なぜ肌に悪いのか

 

紫外線があたって活性酸素が生まれることを考えれば、紫外線を浴びないようにすれば活性酸素の発生を抑えることができます。

 

有効な方法は日焼け止めはもちろんですが、日傘や長ズボンなどの服装も有効です。

 

また日焼けをしてしまった後でも、活性酸素が生まれるまでにタイムラグがありますので、まだ活性酸素の増加を抑えることができます。

 

それは食べ物で内側からケアをすること、抗酸化力の強い食べ物は活性酸素の力をなくしてくれますので、抗酸化力の強い食べ物を食べましょう。

 

有名なのはビタミンCやトマトのリコピンなどですね。

 

もう一つが抗酸化力の高い日焼けサプリメントです。
日焼けサプリメントは日焼け後の活性酸素をコントロールします。

 

日焼けでシミを作りたくない!食べ物やサプリでアフターケア