日焼け止めクリームは肌に悪いのか

日焼け止めクリームは肌に負担がかかって肌に良くないといわれています。

 

そのため紫外線対策をするためにクリームを塗った方がいいのか、それとも塗らない方が安全なのか迷う方も少なくありません。

 

日焼け止めクリームは肌に悪い

 

そこでこのページでは日焼け止めクリームや日焼け止めスプレーなど、サンスクリーン剤の良い点とデメリットについてみていきたいと思います。

 

日焼け止めが皮膚に悪いといわれている理由

そもそもなぜ皮膚に悪いといわれているのか
なぜ日焼け止めは皮膚に悪いといわれているのでしょうか。

 

原因は4つ考えられます。

 

成分刺激性がある

 

紫外線をカットするために日焼け止めクリームなどには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤などが含まれています。

 

その中で紫外線吸収剤というタイプのものでは皮膚の上で紫外線を化学反応させ熱エネルギーに変えることから、皮膚への負荷が強くて肌に悪いといわれています。

 

もともと皮膚が弱いかたやアレルギー対策がある方は、その刺激でかぶれなどを起こしてしまうということがあります。

 

肌を乾燥させる

 

紫外線をカットする素材として紫外線散乱剤が使われているものがあります。

 

そのタイプのものは紫外線吸収剤を使っているものより皮膚を乾燥させやすいというデメリットがあります。

 

最近は大分この点は改善されていて、保湿成分などが添加されているのですが、元々の性質として乾燥させやすいというところがあります。

 

皮膚に蓋をしてしまう

 

どちらのタイプの日焼け止めクリームでもクリームタイプ以外のタイプでも、皮膚にべったりよるものであれば皮膚に蓋をしてしまうというデメリットがあります。

 

クレンジング必要な場合もある

 

弱いものであれば石鹸は水で落ちますが、強い日焼け止めやウォータープルーフの加工がしてあるものはクレンジングを使わないと落とすことができなく、それも皮膚の負担になります。

 

 

日焼け止め塗らない時のデメリット

日焼け止めクリームは肌に悪い

 

ここまでで日焼け止めクリームが悪いといわれる理由について見てきましたが、日焼け止めクリームを塗らなかった場合のデメリットについても考えたいと思います。

 

日焼けする

まず日焼け止めクリームをつけないと真っ黒に焼けてしまいます。

 

日焼けをすると最初は赤くなってヒリヒリとしてそのうち黒くなってきます。
メラニン色素が大量に作られ皮膚が黒ずみます。

 

日焼け止めクリームは皮膚に悪いのか

 

肌が老化する

2番目に光老化の問題があります。
紫外線を蒸気に浴び続けていると年をとってからシミやシワが大量に作られます。
そして皮膚がたるんでしまいます。

 

病気の原因になる

さらには細胞のDNAが壊れることから皮膚がんのリスクも高まります。

 

使い分けで賢く対策

日焼け止めクリームは肌に悪い

 

日焼け止めクリームは肌に悪いというのは確かです。
しかし塗らないで紫外線を浴び続けるほうがデメリットが大きいです。

 

日焼け止めクリームの肌への影響考えて通勤や通学路は弱めのを使い、海やアウトドアに行く時にウォータープルーフや強い日焼け止めを使うなど、場面に合わせて使い分けたり、それ以外に日傘を使って二重に対策をするなどしてクリームの使用量を減らす工夫もできます。

 

アームカバーや長袖日傘や帽子なども併用して賢く紫外線対策していきましょう。