ビタミンCの日焼けの回復効果・予防効果は

ビタミンCの日焼けの回復効果・予防効果は

 

ビタミンCは抗酸化ビタミンといわれていて、ビタミンEやビタミンAと並んで日焼け対策や美白対策に良いといわれています。

 

ビタミンCは日焼け対策に効果があるのでしょうか。
どんな仕組みで効くのでしょうか。

 

ビタミンCと日焼けの関係についてみていきたいと思います。

 

ビタミンCの4つの効果

ビタミンCの日焼けの回復効果・予防効果は

 

抗酸化作用で紫外線ダメージをブロック

まず一番の効果は抗酸化作用が強く、紫外線のダメージをケア出来るということです。日焼けをすると皮膚に活性酸素が生じますが、ビタミンCは活性酸素を減少させてくれる効果があります。

 

そして肌が黒くなる原因はメラニンですが、そのメラニンをつくる一歩手前の成分チロシンという物質を抑えるので肌が色素沈着するのを防ぐことができます。

 

コラーゲン合成を高めてしわ改善

ビタミンCにはコラーゲンの合成を高める働きがあります。そのためコラーゲンが作られて皮膚に張りが生まれて弾力が強くなります。そうすることでシワが改善できます。

 

メラニン色素還元でシミを改善

ビタミンCは酸化の反対の現象である還元作用を持っています。メラニンは多すぎるとシミなどの原因になります。メラニンが還元されることで、そんなシミが改善できます。

 

肌のキメを整える

ビタミンCはコラーゲンの生成を助けてくれそして肌のターンオーバーを活発にしてくれます。そうすると代謝が高まり肌が健康になりキメが整っていきます。

 

ビタミンCの副作用やデメリット

 

それではビタミンCには副作用やデメリットはあるのでしょうか。

 

ビタミンCをたくさんとりすぎると胃に負担がかかります。
そして下痢をしてしまう場合があります。

 

しかしそれは非常にたくさんの量を食べた場合で、普通食事で食べる量の20倍以上を取った場合です。

 

それ以下の場合はそれほど副作用の心配はありません。

 

たくさん取っても無駄になる

またビタミンCのデメリットとしては水溶性ビタミンなので一遍にたくさん取ってもほとんどが排出されてしまい、効果が無駄になってしまうことがあります。

 

ですので、ビタミンCをとる時は1日に何回もに分けて過剰になった分が無駄に排泄されないようにしましょう。

 

このようにビタミンCは日焼けで起こる肌の黒ずみやシミやシワなどに深い関係があって効果的なことがわかります。

 

紫外線ダメージを抑えたい場合は日に当たる前に紫外線ビタミンCをとったり、日差しに当たった後にビタミンCをとることで、肌の日焼けをダメージを極力抑えていくことができます。

 

ビタミンCが入っている飲む日焼け止めサプリ

インナーパラソル
やかないサプリ
太陽に負けないサプリ