飲む日焼け止めを選んだ3つの理由

 

飲む日焼け止めというサプリメントを初めて知った時は、何かの間違いではないかと思ったぐらいです。

 

飲んで日焼けを対策することなんかできないと思ったからです。

 

しかしどんな風に効くのだろうと興味を持ち、飲む日焼け止めの仕組みや紫外線の影響などについて調べ始め、紫外線対策に案外よさそうだなと思うようになりました。

 

その1.肌が老化する原因は紫外線

飲む日焼け止めを選んだ3つの理由

 

紫外線について調べているときにまず分かったのが、紫外線が非常に肌の老化に関係しているということでした。

 

肌が黒くなるのが紫外線の影響だと思っていたのですが、それだけではなかったのです。

 

紫外線の影響はたくさんあります。

 

  • 日焼けを起こす
  • 肌が黒くなる
  • 皮膚がんのもとになる
  • シミやシワなど光老化の原因
  • 肌がたるむ

 

中でも無視できないのが、たるみやしみやしわのもとになるということではないでしょうか。

 

加齢でだんだんと増えてくるシミやシワ
実は、加齢という原因よりも長年紫外線を浴びてきたことによるものでした。

 

肌の老化の80%以上は紫外線が原因です。

 

これは高齢者の肌を見るとよくわかります。
高齢者は顔や手の甲などがシワが深く所々にしみができています。

 

しかしお腹や背中などは案外白くてつるつるとしています。

 

これは洋服で守られている部分で、いつも露出していた手の皮膚や顔の表面が紫外線の影響を受けているためです。

 

光老化の実際

このページの上のところでも紹介している、お年寄りの顔写真は紫外線の影響を伝える写真としてとても有名です。

 

この方は長年、車のドライバーを務めていました。
そして左ばかり太陽が当たって右にはあまり当たっていませんでした。

 

それで右側の顔はきれいなのに、左側はシワが深く目元や口元がたるんでいます

 

 

その2.紫外線は冬でも降り注ぐ

飲む日焼け止めの仕組み

 

紫外線が強いのは夏だけと思っていましたが、実は冬でも一年中降り注いでいることが分かりました。

 

紫外線は1種類と思われがちですが、実は2種類あります。

 

紫外線B

紫外線Bと紫外線Aです。
夏に強くなるのは紫外線B日焼けを起こして皮膚を黒くさせます。

 

紫外線A

一方紫外線Aはあまり季節で差がなく、夏や冬でもかなりの量が降り注いでいます。

 

美容的にダメージを及ぼすのは紫外線Aで、紫外線Aに長く晒され続けることでシワやシミなどが起こってきてしまうのです。
しかし紫外線Aを浴びてもほとんど日焼けすることありません。それで浴びていても分かりづらいのです。

 

その3.冬は夏なみの対策は難しい

飲む日焼け止めを選んだ3つの理由

 

紫外線Aは夏よりは少ないですが、冬でも降り注いでいます。
そうすると日焼け止めクリームなどで対策することが必要になります。

 

しかし一年中日焼け止めクリームを作っていると毛穴が詰まったり、肌が乾燥しすぎたりして肌トラブルが起きてしまいます
そして何よりもベタベタして面倒です。

 

飲む日焼け止めなら1日1回飲むだけでクリームよりとても簡単です。
そして肌に負担もかけずに内側から日焼けの影響をサポートします。

 

それで冬や秋でも紫外線対策をするのに最適だと思いました。

 

飲む日焼け止めを選んだ理由は、そんな3つのポイントが大きかったのですが、他にもいくつかメリットがありました。

 

それは夏でも塗る日焼け止めクリームだけでは対策できないことや、日焼け止めクリームが塗れないところの対策ができるということ肌の悪影響を心配しなくていいということもありました。