40代の女性、男性の紫外線対策

40代は肌トラブルが急増する時期です。シミやしわはそうですし、紫外線の影響も現れ始めます。
40代の方の紫外線対策状況や飲む日焼け止めについて見ていきたいと思います。

 

 

 

40代の主婦です。小学生と幼稚園の子供がいて幼稚園の送り迎えや子供を公園で遊ばせるなど外に出るたびに焼けてしまいます。元々は地黒で日焼け止めはきちんと塗っていますが、なぜか焼けてしまいます。どうしても子供の世話があって外に行かないわけにはいかないので、なんとかしたいと思っています。大人になったらもっと白くなるかと思っていましたが、ビタミン剤や化粧水などを使えばもっと白くなるのでしょうか。美白できる方法を知りたいです。


 

 

40代女性徒歩で通勤しています。徒歩で15分電車で20分、そしてまた後で15分歩くというところで勤務しています。元々肌の色が白くて紫外線対策は日傘を差すなどしてきました。そして6月からは厚手のマスクやアームカバーをして通勤していたのですが、7月になってから急に顔が黒く焼けてきていました。完全にしていたつもりでしたが、対策が足りなかったようです。色が冬の間に戻るかも気になります。


 

 

40代男性です。畑作業やゴルフなどで休日1日中外で過ごして顔が真っ黒に日焼けをしています。長袖長ズボンを履いていて足は焼けないようにしています。そろそろシミができるのが気になります。別に黒くなるのは構わないのですが、顔がシミだらけになっていかにも老けたように見られるのは嫌です。男性用のスキンケア対策はないでしょうか。


 

飲む日焼け止めが効果的なポイント

肌の保湿ケア肌質を改善
シミがたくさんできるのを防ぐ
日焼け止めではカバーしきれないところをカバー

 

肌の保湿ケア肌質を改善

40代になってくると乾燥肌がひどくなって保湿が今まで以上に大切になります。

 

そしてこの乾燥肌が日焼けにとっても良くないことで、肌が乾燥していると日焼けをしやすくなります。

 

飲む日焼け止めには保湿成分やセラミドなどのうるおい成分が入っているので、日焼けに悪い乾燥を防ぐことが出来ますし、焼けにくく肌質を改善することもできます。

 

シミの増加を防ぐ

肌の老化の8割は紫外線にたくさん当たることによるといわれていますが、40代からは本格的にシミの数が増えていくのではないでしょうか。

 

これまでの蓄積した紫外線の影響がどっと出てくる時期です。

 

このような時期からで飲む日焼け止めで光老化対策をしておけば、シミの数が急増するのをセーブしてくれるのではないでしょうか。

 

日焼け止めではカバーしきれないところ

日焼け止めを塗っても焼ける、通勤時間が長いとうっすら色がついてしまうというようにアームカバーや日焼け止めを塗っていても100%対策することはできません。

 

飲む日焼け止めを飲んでいる方は、赤くなりにくい日焼けしにくいという感想を書いている方も多いので、どうしても日焼け止めクリームだけでは対策できない部分を補えると思います。

 

トップページで飲む日焼け止めを見てみる

 

40代男性の日焼け対策

ヤフー知恵袋見ていると30代以降、40代以降の男性の紫外線対策の悩みが意外と多いことがわかります。

 

女性の場合は20代からだいたい化粧してUVカットもしていますが、男性は全く何もしていないので、40代になって急に女性よりシミやシワの数が増えて対策をしたくなるのかもしれません。

 

すでにできたシミは消せませんが、日焼け止めをしっかり塗って食べ物を改善するなどすればこれからシミが急増してしまうのは抑えることができます。

 

そして40代以降は皮脂量が少なくなり肌が乾燥していきますので、保湿も大切です。