30代の女性、男性の紫外線対策

30代になると出産などのホルモンバランスの影響もあって、しみやそばかすが急にできてきたという話はよく耳にします。

 

飲む日焼け止めでの対策は30代の紫外線対策としても効果があるのでしょうか。

 

30代の紫外線対策の状況や、飲む日焼け止めの効果について見ていきたいと思います。

 

30代の紫外線対策の状況

 

現在32歳で女性です。シミがあっという間にたくさんできてきました。原因は今年海に入ったことかもしれません。海に行った時は日焼け止めを頻繁に塗り直して海のパーカーラッシュガードというのでしょうか、それもしっかりと羽織って帽子もかぶってシミができないように気をつけたのですが、1ヶ月ぐらい経ったらシミだらけになってきました。


 

 

肌はもともと白い方でかなり目立ちます。ファンデはワントーン暗めのものを使っていてコンシーラーなどは使いたくないです。敏感肌なのでアルコールが入っているものは使えません。シミはどうやったら薄くなるでしょうか。ビタミンCが良いと聞きますが、飲んでも効果があるのでしょうか。


 

 

アトピー体質の30代前半女性です。化粧水を使っても肌が痒くなるため、スキンケアは今のところしていなくて日焼け止めクリームも塗りたいのですが、肌のことを考えると塗らないで済む方法がいいです。シミの数は冬の間ほとんど変化はありませんでしたが、この時期になると紫外線も強くなってきますので心配です。


 

 

30代後半の女性です。小さい子供がいて公園で遊んだりと外にいる時間が長いです。日焼け対策は顔や首そして手の甲などに日焼け止めを塗りますが、なぜが日焼けをしています。年齢のせいかだんだんと冬になっても夏の日焼けの跡が戻らなくなってきてこのままにしておくと年々黒くなるのがたまっていきますよね。日焼けが蓄積しています。焼けていない太ももと比べると真っ黒で本当に悲しくなります。どうしたらいいでしょうか。


 

飲む日焼け止めの効果的なポイント

これまでに受けた紫外線ダメージをケア
40代以降にシミができるのを防ぐ
肌の生まれ変わりが遅くなっている

 

これまでに受けた紫外線ダメージをケア

30代の紫外線対策状況、方法、そして飲む日焼け止め

30代でシミなどがポツポツと出来始めて、紫外線対策本格的に行い始める人も少なくないようです。

 

30代はホルモンバランスなどの関係もあって肝斑というシミができたり、日焼けが原因のシミができたりなど様々な肌トラブルが出てきます。

 

飲む日焼け止めは受けてしまった肌ダメージにも効果があるといわれていますので、これまで全く対策をしてこなかったという方はアフターケア的な使い方ができると思います。

 

40代以降のシミを予防する

とはいっても30代だとまだシミの数は少ないと思います。

 

紫外線のダメージは蓄積してだんだんとしみとなって現れるので30代から対策をしておけば、まだシミの予防ができると思います。

 

今シミがもう既に出てきてしまっている人も増やさない対策ができます。

 

飲む日焼け止めの成分は活性酸素を減らしてくれ、それが光老化を対策していけます。

 

肌の生まれ変わりが遅くなっている

若い頃だったら焼けた肌が1年で元に戻ったと思いますが、30代を超えてくるとターンオーバーが遅くなり肌の色が戻りにくくなっているの感じると思います。

 

さらに肌が乾燥気味になって肌が乾燥してくると日焼けの影響を受けやすくなります。

 

それで以前より焼け安くなったりもします。
ですので、セラミドが入った飲む日焼け止めや、保湿クリームなどを使って保湿することも大切です。