20代の女性・男性の紫外線対策

これまで日焼け対策はあまり行わなかった人でも、20代になるとだんだんと肌の動画が気になってきて紫外線対策をきっちりしておきたいと思う人が増えていきます。

 

通勤時は化粧ちゃんとしますし、日傘をさして紫外線対策などを本格的に始める頃です。

 

20代でどのように紫外線対策をしているのか調べてみました。

 

20代の方の紫外線対策の状況

 

20代で今まで日焼け止めを塗らなかったので他の人より肌がすごく黒く焼けています。学生時代はテニスをやっていて部活で1日真っ黒になるまで日焼けをしていました。さらに部活だけでなく水泳の授業や体育の授業の時もほったらかしでした。最近黒くなっているのが気になり白くなりたいと思うようになりました。今から日焼け止めを塗っても元の色に戻るのでしょうか。


 

 

今年25歳になる女性ですが、最近になって紫外線対策の必要性を感じて焦っています。というのはネットで20代のうちにすべきことでシミ対策というのがあったからです。今は肌が白くて周りの人にも褒められるぐらいですが、よく見てみるとそばかす的なものが少しできているようです。これまでは学生で友達と遊ぶ時以外はほとんどすっぴんで片道20分の道のりを原付で通学していました。日焼け止めも塗らずに日傘をさしたりもしませんでした。今はUV効果のある下地を使っていますが、これからシミができてしまうのでしょうか。


 

 

20代主婦です。すっぴんで出かけることが多く、そろそろ紫外線対策をしないといけないと思っていますが、ずっと外にいるわけではなくゴミ出しや洗濯物干すぐらいの長さです。SPFが50飲むのは強すぎるのではないかと思っています。スプレータイプはむらができると聞いたことがありますが、塗るタイプがいいのでしょうか。それと雨の日や曇りの日にも日焼け止めクリームは必要なのでしょうか。


 

 

20代の男性です。男ですが、将来のシミが気になります。それで外に出るときは一歩でも日焼け止めを手や顔、首などにしっかりと塗っています。さらに最近では日傘をさしたいと思っていますが、男だと日傘をさすとどう思われるのが心配で日傘がさせません。日傘をさしている男性をどう思うか聞いてみたいです。


 

20代の日焼け対策に飲む日焼け止めが効果的な訳

これまで受けてきた紫外線の害をカバーする
これからのシミやシワを予防する
日焼けしにくくなれる

 

これまで受けてきた紫外線の害をカバーする

10代のうちは紫外線対策をしなくて紫外線のダメージが肌に相当蓄積していると思います。

 

18歳までで一生涯に浴びる紫外線の半分ぐらいを浴びるともいわれています。
それで飲む日焼け止めは活性酸素を減らしてくれるので、紫外線のダメージが緩和できます。

 

なので今まで蓄積した肌のダメージをケアをしていくことができます。

 

これからのシミシワ予防

20代でも全然遅くはありません

 

シミやシワが出来ていくのは40代を過ぎた頃からですから、今から対策を始めておけば10年後に肌の状態は違ったものになると思います。

 

日焼けしにくくなる

既に日焼けをしてしまっている場合は、その肌が白くなるのには有効な手立てというのはなく、日焼け止めクリームを塗っても新たな日焼けを防ぐだけですし、飲む日焼け止め飲んだとしても肌は白くなってはくれません。

 

ですが、皮膚は常に新しく生まれ変わっています。

 

20代や30代になってくるとだんだんとターンオーバーの速度が遅くなって一冬では日焼けが戻らなくなってくる場合が多いですが、それでも少しずつは肌が新陳代謝していくと思います。

 

ですので、肌を白くするのには日数がかかりますが、その間にこれ以上日焼けをしないためにこれ以上焼けない対策をしていく必要があると思います。

 

トップページで飲む日焼け止めを見てみる

 

日常使いの日焼け止めクリーム

日常でそれほど日焼けをしない通勤やちょっとした買い物で日焼けをする時の日焼け止めはそんなに強いものでなくていいといわれています。

 

だいたいSPFでいえば25から35ぐらいあれば日常的な日焼けは抑えることができます。

 

日焼け止めはスキンケアをした後にその上に塗せると思いますが、一番最後にパウダーファンデーションをつけると粉が紫外線を跳ね返してくれるので、肌に負担をかけることもなくおすすめな日焼け対策方法です。