10代(中学生、高校生)の紫外線対策

10代の中学生、高校生でも日焼けをしたくない人はたくさんいると思います。

 

ヤフー知恵袋で調べてみると、部活で日焼けをしている体育の時間などで日焼けする日焼け対策をしたいけど日焼け止めクリームは禁止になっているなど様々な状況があります。

 

そこで飲む日焼け止めを検討している人もいると思います。

 

このページではそんな10代の人の日焼けの悩み、飲む日焼け止めは有効なのかについてみていきたいと思います。

 

10代の中学生・高校生・大学生の日焼け対策

 

 

小学生、中学生の時は運動部で真っ黒にかけていました。それで今後シミが沢山出てこないか心配です。今は普通より白いですが、白さを保つにはどうしたらいいでしょうか。対策としては毎日納豆を食べてトマトジュースを飲んで、外に出るときは薄手の長袖を羽織っています。日焼け止めはSPF30のものを使っています。


 

 

高校生から日焼け対策を押しても遅いでしょうか。中学生までは全く紫外線を気にしていなくてどんどんたくさん浴びていました。例えば学校では体育の授業なんか1時間外に出っぱなしです。


 

 

将来のシミを予防するために今から頑張って対策をしたいと思います。高校生で陸上をやっていて昨年はアネッサを何度も塗り直していましたが、真っ黒に日焼けしてしまいました。元々肌が白いのにこだわっているので今年は絶対焼けたくないのですが、そのために飲む日焼け止めも検討しています。ただ費用が高いので安いものを教えて欲しいです。自分としてはシミを予防するというよりは日焼けをしたくないです。


 

10代の人に飲む日焼け止めがおすすめなポイント

日焼け止めクリームがマメになり直せない
大人に比べて浴びる量が半端ない
将来のシミを予防できる

 

日焼け止めクリームがマメに塗り直せない

中学生でも高校生でも10代の方でも日焼け対策の一番の基本は日焼け止めをしっかり塗ってカバーするということです

 

しかし化粧を禁止している学校もあって学校に日焼け止めクリームを持っていくと没収されたり塗り直せないなどの事情があると思います。

 

それで日焼け止めクリームをこっそり持って行って、トイレで塗り直したり更衣室で塗ったりしている人もいるようです。
部活や体育なんかでは塗り直しができないので大人より日焼け止めクリームでのケアが難しいですね。

 

浴びる量が半端ない

10代の間で紫外線を浴びる量は大人の間と比べてすごく長いです。

 

ある研究では一生で浴びてしまう紫外線の約半分を18歳までに受けるとされていて10代の紫外線対策は非常に重要です。
シミやシワができるだけならまだいいかもしれませんが、がんになる確率も上がるというので恐ろしいです。
しかし必要性がまだ知らない人も少なくないですし、必要性が分かっていても塗り治せない状況です。

 

将来のシミシワ対策になる

日焼け止めに加えて飲む日焼け止めを飲んでおくと紫外線のアフターケアができます。

 

飲む日焼け止めには光老化を防止してくれる成分が入っていますので、飲んでおけば今から将来のシミやシワ対策ができます。

 

10代でも飲む日焼け止めを飲んでいいの

10代の未成年でも飲む日焼け止めというのは飲んでいいのでしょうか。

 

副作用やデメリットはないのでしょうか。

 

飲む日焼け止めの副作用

飲む日焼け止めは4歳未満の子供は飲めませんが、それ以上の人は飲んでいいようになっています。

 

飲む日焼け止めの成分は食べ物から抽出されている抗酸化物質ですので、基本的に食べ物、グレープフルーツなどの原料になっている食べ物にアレルギーがなければ副作用などの心配はないです。

 

飲む日焼け止めのデメリット

飲む日焼け止めのデメリットとしては値段が高いということが挙げられます。

 

飲む日焼け止めは一番安いもので2500円します。一番高いものは7000円ぐらいします。

 

この値段だと中学生や高校生のお小遣いで毎月払うには費用が高いのではないでしょうか。

 

10代のうちはとにかく紫外線を浴びる量が多いです。

 

値段的なデメリットをクリアできれば、通常の日焼け対策に加えて飲む日焼け止めにでも対策をした方がいいと思います。

 

トップページで飲む日焼け止めを見てみる