飲む日焼け止めは毎日飲むもの?それとも外出する日だけ?

普段日傘をさしたり日焼け止めを塗ったりするのは外出する時だけだと思います。

 

外に出ない日に日焼け止めクリームを塗ることはないと思います。
それでは飲む日焼け止めはいつ飲むのでしょうか、外出をしない日でも飲んだ方がいいのでしょうか

 

毎日コツコツ飲む

 

飲む日焼け止めに入っているニュートロックスサンという紫外線サポート成分は24時間効果が持続するタイプの成分だということがわかっています。

 

そして1日だけ飲むよりも毎日飲んでいると少しずつ効果が高まって、50日間飲むと34%、90日間飲むと56パーセント紫外線を防御する力が上がったということが研究で分かっています。

 

ですので、日焼け止めクリームのような使い方ではなく毎日コツコツと飲み続けることをおすすめします。

 

飲む日焼け止めはいつ飲むべきか

飲む日焼け止めは健康食品なので、薬のようにいつ飲まないといけないという決まりはありません

 

ですが、健康食品とはいっても毎日続けた方が効果がありますので、忘れないための工夫が必要です。そのためにはやはりいつ飲むかということを自分なりに決めた方がいいと思います。

 

それではいつ飲んだらいいでしょうか。

 

飲む日焼け止めのメイン成分ニュートロックスサンは24時間効果が続くといいますが、やはり紫外線に多く当たる時間に飲みたいものです。

 

そうするとやはり朝通勤や通学の前に飲むのが良いのではないでしょうか。

 

この時間は歯磨きをしたり、日焼け止めクリームを塗ったり色々なスキンケアをする時間なので一緒に飲むと飲み忘れにくいと思います。

 

冬や秋も飲むべきなのか

飲む日焼け止めは毎日飲むもの?それとも外出する日だけ?

夏の間は紫外線が強いので毎日飲まれると思いますが、秋になったり冬になったりしたときは飲む必要があるのでしょうか。

 

秋や冬に飲むべきかどうかはその人の目的によります。

 

肌が赤くなったりするのが嫌だという日焼け対策をしたい方は紫外線Bが強い夏だけで十分です。

 

しかしシミやシワなど作る紫外線Aは実は、秋や冬も降り注いでいて、夏とあまり量が変わりません。ですので、美容対策を考えている方は、秋や冬も飲む日焼け止めを飲んだ方がいいです。

 

それ以外の方は5月から9月の紫外線が、正確にいうと紫外線Bという紫外線が強い時だけ飲むので十分です。