男性が仕事や趣味で日焼けしないためには

仕事柄トラックのドライバーなどで直射日光をたくさん浴びてしまうという方もいますし、営業で外回りがあるけれどあまりにも日焼けをすると困るなど

 

 

男で外で働く仕事で日焼けがすごく、日焼けをすると真っ赤になって黒くなってそして皮がむけてしまって、そこでまた翌日日焼けをして炎症がひどくなるということを繰り返しています。


 

 

配送業をしていて仕事柄、炎天下の中で何度も荷物を運ばないといけなくて腕や顔が真っ黒になってしまいます。紫外線に当たりすぎるとしみや肌にダメージを怒るということを聞いていて男だしある程度は仕方ないと思いますが、皮膚がんになるのが心配です。どんな対策があるのか肌のケア方法などを知りたいです。


 

 

男ですが、今度釣りに行くので1日中外にいるので日焼け対策をしたいと思います。
これまで日焼け止めを塗ったことはないのですが、敏感肌で男でも使えるものを探しています。使いたい所は顔や首そして腕です。


 

男性が日焼けをしない方法

基本的には日焼け対策は男性でも女性でも同じです。
しかし女性のように大胆な対策はできないので、日焼け対策をしていると思われない対策を考えてみました。

 

  • 日焼け止めを塗る
  • 長袖を着る
  • 肌質を改善する

 

日焼け止めを塗る

男だが紫外線が気になる、外回りなど仕事で日焼けしない方法

日焼け止めは主に女性に使われていますが、男性が使っても全く問題はありません。

 

日焼け止めは無臭のものが多いですし、香水ではありませんから、つけているところを見られない限り塗っているとはバレません。

 

選ぶときのポイントは紫外線の影響どのくらい小さくできるかというSPFとPAの数字を見て適切なものを選びます。

 

男だが紫外線が気になる、外回りなど仕事で日焼けしない方法

 

肌が荒れやすいアトピー体質という場合にはノンケミカルと書いてある方を選んだ方がいいです。

 

通勤や外回りの仕事で紫外線を浴びる場合はSPFが30でPAが++くらいので問題はありません。

 

強すぎるものは肌に影響がありますし、お風呂で洗い流す時にクレンジングなどが必要になって面倒です。

 

日焼け止めを正しく塗る時はこの5点に注意

適切な日焼け止めを選ぶには

 

長袖を着る

男だが紫外線が気になる、外回りなど仕事で日焼けしない方法

女性の中では紫外線対策を徹底したい方は夏でも長袖を着ています。

 

男性でも日焼け止めが塗れない体質であったり、職業柄何度も塗れないとなると長袖を着ることで紫外線をカットすることができます。

 

服を選ぶときはなるべく色が濃いものの方が紫外線をカットする効果が高いです。

 

肌質を改善する

日焼け対策を徹底したいという男性がいれば肌質を改善するというのも女性が行っている対策方法ですので、参考に紹介したいと思います

 

まず食べるもので肌を日焼けしにくくします。
日焼けに良い食べ物はビタミンCやビタミンEなど抗酸化ビタミンです。

 

これらは紫外線の肌のダメージを抗酸化作用でカバーしてくれます。
飲む日焼け止めで代用している方もいますね。

 

それ以外に肌の状態が悪くて乾燥肌の場合は肌のバリア機能が低下して、紫外線を浴びた時の肌ダメージが大きくなりますので、常に保湿クリームなどを塗ったりローションを塗ったり化粧水をつけたりしてスキンケアする女性が多いです。

 

それ以外の方法

それ以外に調整を行っていう方法はよくあるのが日傘を差したりアームカバーをつけたり、つばの長い帽子をつけたりということがありますが、これは男性ではしづらいことだと思います。

 

ですので、日焼け止めクリームを塗る、長袖を着る、食べ物などで肌の質を改善するという3つの方法が男性としては取りやすいのではないでしょうか。