日焼け止めクリームは必要

飲む日焼け止めを飲めば日焼け止めは要らなくなるの?

残念ながら飲む日焼け止めを飲むだけでは日焼けをしてしまいます。
そして黒くなった肌を白くするなどの薬のような効果はありません。

 

必ず日焼け止めを塗ったり、日傘をさすなどして外側からの対策もしてください。

 

というのは飲む日焼け止めと外側からの対策というのは仕組みが違うからです。

 

日焼け止めの仕組み

日焼け止めクリームやアームカバーのような外側からの対策は、紫外線を肌に当たらないようにしてくれます。

 

飲む日焼け止めの仕組み

飲む日焼け止めは内側から日焼けをしてしまった時のダメージを和らげたり日焼けしにくい肌を作ったり、日焼けをした後の肌のトラブルをケアしてくれるものです。インナーケアと呼ばれるものです。

 

ですので、日焼け止めを塗ったり日傘を差したりしてなるべく日焼けをしないようにして、それでもどうしても焼けてしまうというところを内側からカバーするというふうに考えてください。

 

それでは飲む日焼け止めは全く効果がないのかというと、そういうわけではありません。

 

様々な研究結果

飲む日焼け止めの効果はこちらのページで詳しく紹介していますが、実際に実験などが行われていて紫外線のダメージが緩和しているという研究結果が出ています。

 

ニュートロックスサンの効果

 

参考記事:ニュートロックスサンの効果

 

やかないサプリ(パインセラ)の実験結果

 

参考記事:パインセラの効果

 

ですので、

  • これまで日焼け止めクリームをしっかり塗っているのになぜか後で赤くなってしまう、
  • 塗り直しができないからどうしてもうっかり焼けてしまう、
  • 目から入る紫外線や頭皮や髪の毛の紫外線が気になる、

そういう方が対策を強化するために使うものだという位置づけで考えてもらえればと思います。

 

トップページで飲む日焼け止めを見る