日焼けしやすいすぐ黒くなってしまう、それは体質それとも病気?

 

すぐ日焼けをしてしまいすぐに黒くなってしまう、他の人は黒くならないのに自分だけどんどん黒くなってしまうそれは体質なのでしょうか。

 

病気なのでしょうか。
日焼けしやすいすぐ黒くなってしまう、それは体質それとも病気?

 

答えは体質です。
実は日本人の肌は3種類のタイプがあり日焼けのしやすさが違います。

 

それぞれ日焼けをした後にどんな反応を起こすかが異なっています。

 

赤くなって黒くならない

赤くなって黒くなる

人すぐに黒くなる

 

日焼けをするとどんどん黒くなって他の人に驚かれるぐらい黒くなってしまうという方は、このすぐ黒くなってしまうタイプの肌タイプになるのだと思います。

 

このタイプの方は同じ紫外線の量を浴びてもメラニンを生成する力が強く、大量のメラニンを作り出してあっという間に肌が黒くなってしまいます。

 

逆に赤くなって黒くならない人はメラニンを生成する力が弱くあまり黒くなりません。

 

肌がすぐ黒くなる人の特徴

 

すぐ日焼けして肌が黒くなってしまう人の特徴としてはメラニンを作り出す機能が強いということが挙げられます。

 

メラニンを作り出す機能が強いということは肌が黒くなりやすいということですが、悪いことばかりではありません。

 

メラニンを作り出すことで肌の細胞のDNAを紫外線の害から守る力が強いです。
そのため皮膚がんになりにくいです。

 

さらにはメラニン色素が出ることで肌の奥に紫外線が届きにくくなるので、年を取った時にしみやしわができにくいという特徴もあります。