体育祭の練習や体育の時間の紫外線対策

体育祭や練習、体育の時間に日焼けをしない方法

体育祭は室外にいるから本当に日焼けをする、当日以外に体育祭の時期が近づいてくると連日練習だから練習期間でも日焼けをしてしまう。

 

中学校や高校生でも体育や体育祭などで日焼けをするのをなんとかしたいと思っている人は案外多いです。

 

 

9月に体育祭があってそれまでにできるだけ焼かないようにしたい、もともと色白の方だけれど色がだんだん戻りにくくなっている


 

 

昨年の体育祭の時日焼けをする怖さを知って今年は対策をしたいと思っています。ですが、毎日外で練習があり帽子もかぶれないし、長袖なども倒れず半袖半ズボンでいくら日焼け止めを塗ってもすぐに焼けてしまいます。何か良い対策方法はないでしょうか。


 

 

自分は日焼けしやすい体質でSPFが50の日焼け止めを塗っていますが、黒く焼けてしまいます。その中体育祭があってさらに真っ黒に焼けてしまうと思います。長袖を着てもいい時は必ず切るようにしています。他に対策はないのでしょうか。


 

 

男子ですが、日焼け対策をしたいです。もうすぐ体育祭がありますが、日焼けをすると後で赤くなってヒリヒリと痛くなって何日間か熱をもって火照ってしまいます。日焼け止めは塗ってはいけない校則なので、それ以外の方法を教えて欲しいです。


 

体育祭や体育の時間で日焼けを防ぐ方法

  • ウォータープルーフの日焼け止めを使う
  • 休憩時間などは長袖を羽織る
  • 服にUVカット加工する
  • 日焼けにいい食べ物を食べる

 

ウォータープルーフの日焼け止めを使う

何といっても日焼け止めが基本です。

 

日焼け止めは塗ってもあまり効果がないという感想も多いですが、もしかしたら普通の日焼け止めを使っていませんか。

 

体育祭で汗をたくさん書く場合などは普通の日焼け止めよりウォータープルーフの落ちにくい日焼け止めの方がいいです。

 

肌がとても弱い人は使えませんが、まだ使ったことがないという人はウォータープルーフのものを使ってみてください。

 

これは塗り直しができない、日焼け止めが禁止されているという方今おすすめの日焼け対策方法です。

 

ただしお風呂でクレンジング洗顔料などで落とさないといけなくなるので毎日は使えないかもしれません。

 

日焼け止めを正しく塗る時はこの5点に注意

適切な日焼け止めを選ぶには

 

長袖を羽織る

体育祭や練習、体育の時間に日焼けをしない方法

さすがに演技中は難しいと思いますが、客席で見ている間、そして休憩時間、お昼のタイムなどは長袖は羽織っておくほうがいいと思います。

 

長袖を着るとかなり紫外線のカットでき、さらに色が黒い濃い色のものでUVカット繊維で作られているものであればもっと日焼け止めクリームより効果があります。

 

洋服をUV加工にする

体育祭や練習、体育の時間に日焼けをしない方法

体育祭で使う洋服をUV加工にする方法もあります。

 

それはUVカット処理ができる洗剤を使う方法紫外線をカットできる、特殊な洗剤を使って洋服を洗うことで、普通の洋服に紫外線防止機能を付けることができます。

 

紫外線が強いと洋服を着ていても肌が焼けることがありますので、とても紫外線に弱いかたはこの方法を使ってみるといいと思います。

 

日焼けにいい食べ物を食べる

体育祭や練習、体育の時間に日焼けをしない方法

体育祭の前に食べておくと日焼けをしにくくなる食べ物や日焼けをした後に肌の回復を早くしてくれる食べ物があります。

 

それは有名なものですが、ビタミンCやビタミンEが抗酸化作用があって肌の回復を早くしてくれます。

 

ただし一度黒くなってしまった皮膚を回復させるには一冬かかるかもしれません。

 

ビタミンをサプリメントで摂る分には問題ありませんが、食べ物から取る場合は逆に紫外線の感受性を高めてしまう成分が入っている食べ物は避けた方がいいでしょう。

 

例えば柑橘系はソラレンという成分入っていて食べると逆に焼けやすくなります。

 

体育祭や練習、体育の時間に日焼けをしない方法

 

ここに載っている食品は要注意!

 

最近では日焼け止め専用のサプリメントなどは発売されていて、高校生や中学生でも日焼けを絶対したくないという方では使っている方もいるようですね。

 

トップページ

 

どこで塗ったらいい

日焼け止めクリームはどこで塗る日焼け止めは学校で禁止されている場合がありありますが、そうでない場合も大胆に人の前に塗るわけにはいかないと思います。

 

皆さんはどこで塗っているのでしょうか。

 

調べてみると体育の授業の前などには更衣室で塗ったり、トイレで塗ったりする人が多いようです。
それでポケットに入るぐらいの小さな日焼け止めを常備してこっそりと塗っている場合が多いようです。

 

日焼け対策の注意点

日焼け止め塗る時の注意点日焼け止めには本当に紫外線をカットする効果があるので、上手くならないと焼け具合がおかしくなって滑稽な様子になってしまいます。

 

体育祭のときと通学中の肌の露出具合が違うので焼け目が明確に出てこないように塗る量、強さなどを調節する必要があります。